本文へ移動

木曽川うかい閉幕 観覧者は過去最少の3079人 

2020年10月17日 05時00分 (10月17日 11時24分更新)
今シーズン最後の鵜飼いで篝火(かがりび)に照らされる鵜匠=犬山市の木曽川で

今シーズン最後の鵜飼いで篝火(かがりび)に照らされる鵜匠=犬山市の木曽川で

  • 今シーズン最後の鵜飼いで篝火(かがりび)に照らされる鵜匠=犬山市の木曽川で
 犬山市の木曽川で毎年六〜十月に行う「木曽川うかい」が十五日夜、閉幕した。観覧者は統計を取り始めた五十年余りで最少の三千七十九人にとどまった。新型コロナウイルス警戒で客足が伸び悩んだ上、七月は上流で降った大雨で運休が頻発。極めて厳しいシーズンになった。 (三田村泰和)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧