「市民力、職員力に感謝」 鯖江・牧野市長の退任式

2020年10月17日 05時00分 (10月17日 10時03分更新)
集まった市民に感謝の気持ちを伝える牧野市長(手前)=鯖江市役所で

集まった市民に感謝の気持ちを伝える牧野市長(手前)=鯖江市役所で

  • 集まった市民に感謝の気持ちを伝える牧野市長(手前)=鯖江市役所で

 鯖江市の牧野百男市長(79)は、任期満了を迎えた十六日、職員や集まった市民ら約五百人に見送られて、四期十六年勤めた市役所を後にした。
 市役所で退任式が行われた後、庁舎正面でセレモニーが行われた。セレモニーには、うちわを組み合わせた「牧野市長ありがとうございます」の文字や「私たちにとって最高の市長でした」と書かれたのぼり旗などを手にした市民や職員らが参加。花束や激励、歌のプレゼントなどで労をねぎらった。
 牧野市長は、笑顔の輪を広げて送り出してくれる市民の姿に「市民力と職員力の二つに感謝、感激。最後の最後まで牧野百男は幸せでした」と感動しきり。「社会貢献もしたい。皆さんのお力を借りながら余生を楽しんでいきたい。また皆さん仲良くしてください」と顔をほころばせた。
 十九日には、先の市長選で初当選した佐々木勝久さん(52)が初登庁する。 (清兼千鶴)

関連キーワード

PR情報