本文へ移動

G1秋華賞、リアアメリアはラスト1冠へ1枠2番 「ポテンシャルの高さを」

2020年10月16日 18時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リアアメリア

リアアメリア

 ローズSを制したリアアメリアは、1枠2番からラスト1冠に挑む。16日朝は栗東坂路で4F67秒3―15秒5を計時。順調に仕上げを進めた。1枠1番からの復活走だった前走と同じ内枠だ。
 「いい状態をキープできています。強い相手はいますが、もともとのポテンシャルの高さをここでも発揮してくれれば」と猿橋助手は期待を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ