J1名古屋が特別ユニフォーム 胸に車名「GRヤリス」MF阿部「しっかり勝って売り上げに貢献したい」

2020年10月16日 12時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「GRヤリス」のロゴが入った特別ユニホームを着た(左から)阿部、丸山、ランゲラック=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

「GRヤリス」のロゴが入った特別ユニホームを着た(左から)阿部、丸山、ランゲラック=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

  • 「GRヤリス」のロゴが入った特別ユニホームを着た(左から)阿部、丸山、ランゲラック=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで
 名古屋グランパスは15日、トヨタ自動車「GRヤリス」とのコラボ企画を発表した。24日の仙台戦(パロマ瑞穂)からの6試合は、胸に車名が入った特別ユニホーム(非売品)を着用。「勝利」を追求する両者のコラボでリーグ終盤戦を熱く盛り上げる。
 9月に発売されたGRヤリスは世界ラリー選手権で磨いた技術を用いた高性能小型車で、トヨタ自動車の担当者は「レースに勝つことを前提に市販車として作った特別な車」と話す。
 ユニホーム着用以外にもコラボグッズを販売し、GRヤリスに乗って試合を観戦できる特別席を作る。「クルマの街でサッカーも車も楽しんでいただきたい」とグランパスの小西工己社長。来年にかけてもコラボ企画を予定しているという。
 3連勝と好調のチームは現在4位で、トップ3の背中を十分に射程に収める。MF阿部は「ヤリスが取り上げてもらえるように、しっかり勝って売り上げに貢献したい」と意気込む。特別な戦闘服でラストスパートをかける。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ