グランパスPV、名古屋港水族館で 18日のアウェー川崎戦

2020年10月16日 05時00分 (10月16日 11時28分更新) 会員限定
18日の川崎戦でパブリックビューイングが行われる名古屋港水族館の会場。大型ビジョンの写真はイメージ=名古屋グランパス提供

18日の川崎戦でパブリックビューイングが行われる名古屋港水族館の会場。大型ビジョンの写真はイメージ=名古屋グランパス提供

  • 18日の川崎戦でパブリックビューイングが行われる名古屋港水族館の会場。大型ビジョンの写真はイメージ=名古屋グランパス提供
 サッカーJ1の名古屋グランパスは十八日午後七時から、アウェー川崎戦のパブリックビューイング(PV)を名古屋市の名古屋港水族館で開く。水族館でのPV実施は全国で初めて。新型コロナウイルス対策でスタジアムへの入場者数が制限される中、チームの担当者は「コロナ禍の今だからできる楽しみ方を提案したい」と話す。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧