丸善名古屋店で「せんせい&娘書展」 大平さんと矢野きよ実さん、41年の絆を胸に

2020年10月16日 05時00分 (10月16日 11時31分更新) 会員限定
初の師弟展を開き、書作品を並べた矢野さん(右)と大平さん=名古屋市中区栄3の丸善名古屋本店で

初の師弟展を開き、書作品を並べた矢野さん(右)と大平さん=名古屋市中区栄3の丸善名古屋本店で

  • 初の師弟展を開き、書作品を並べた矢野さん(右)と大平さん=名古屋市中区栄3の丸善名古屋本店で
 タレントで書家の矢野きよ実さん(58)と、名古屋市千種区の書家大平玲華さん(78)による「せんせい&娘書展」が、中区栄3の丸善名古屋本店6階ギャラリーで開かれている。大平さんは、矢野さんが書を始めた17歳の時から指南し、今も矢野さんの作品に目を通し、落款を入れる書の師匠。矢野さんの願いで初の師弟展が実現した。19日まで。(小島哲男)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧