本文へ移動

高齢者や障害者、地域で守る 県社協、円滑避難へ災害福祉マップ開発

2020年10月16日 05時00分 (10月16日 05時00分更新)
避難の支援が必要な人をハザードマップ上に丸印で示した災害福祉カンタンマップのデモ画面=県社会福祉協議会提供

避難の支援が必要な人をハザードマップ上に丸印で示した災害福祉カンタンマップのデモ画面=県社会福祉協議会提供

 昨年十月の台風19号災害を踏まえ、県社会福祉協議会が、災害時の避難で支援が必要な県内の高齢者や障害者の情報をオンラインで一元化し、福祉施設や地域住民らで共有するシステム「災害福祉カンタンマップ」を開発した。来年一月から一年間、試験的に運用する。
 システムは、福祉施設の通所者の名前や住所、症状、避難先などの情報を...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧