アルミ合金製将棋盤と駒セット開発 岐南のコーキ・エンジニアリング 

2020年10月16日 05時00分 (10月20日 17時27分更新) 会員限定
金属製の極小将棋セットを製作した伏屋勝彦さん=岐南町伏屋のコーキ・エンジニアリングで

金属製の極小将棋セットを製作した伏屋勝彦さん=岐南町伏屋のコーキ・エンジニアリングで

  • 金属製の極小将棋セットを製作した伏屋勝彦さん=岐南町伏屋のコーキ・エンジニアリングで
 新型コロナウイルスの影響や米中貿易摩擦の激化で苦境に立たされた岐南町伏屋の部品製造会社「コーキ・エンジニアリング」が、通常の四分の一サイズの将棋盤と駒のセットを開発した。アルミ合金の塊から削り出した精巧な逸品で、起死回生の「一手」を指す。 (藤原啓嗣)
 軽量で丈夫なアルミ合金でできているとはいえ、重さは...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報