金魚新種「サクラチョウテンガン」19日に競り 県水産試験場開発 

2020年10月16日 05時00分 (10月16日 05時01分更新) 会員限定
サクラの花びらをちりばめたような模様のサクラチョウテンガン=県庁で

サクラの花びらをちりばめたような模様のサクラチョウテンガン=県庁で

  • サクラの花びらをちりばめたような模様のサクラチョウテンガン=県庁で
 サクラの花びらをちりばめたような模様と、上を向いた目が特徴の金魚の新種「サクラチョウテンガン」を、県水産試験場(弥富市)が開発した。十九日に同市の弥富金魚卸売市場で二十匹が競りにかけられ、初出荷される。
 ふっくらとした体にサクラの花びらの模様がある...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧