阪神・藤川がナゴヤのファンにお別れ…中日・荒木コーチから花束受け取りドアラと2ショットも

2020年10月15日 21時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドアラと握手を交わす藤川(右)

ドアラと握手を交わす藤川(右)

  • ドアラと握手を交わす藤川(右)
 ◇15日 中日5―3阪神(ナゴヤドーム)
 今季限りで引退する阪神の藤川球児投手(40)が試合後、名古屋のファンに別れを告げた。中日のサヨナラ勝ちの余韻が残る中、ベンチから出てきた藤川に、中日・荒木雅博内野守備走塁コーチ(43)が花束を贈呈。笑顔の藤川は一塁側から右翼、左翼、三塁側へと周り、ファンへ帽子を取ってあいさつ。最後は、中日の人気マスコット、ドアラと2ショット写真に収まった。
 9月1日に引退会見した藤川はこの日、64日ぶりに1軍登録された。試合前には球団を通じ「今までは、目の前のことで必死だったから、試合中に『昔こんなことあったな』とか考える余裕もなかったですけど『きょうで名古屋最後だな』とか、そういう感情は自然と浮かんでくると思うので、そういうように考えてしまうのではないかなと。辞めると言ってからいろいろな人に『楽しめよ』と言っていただきましたけど、その意味が少し分かってきました」などと心境を語っていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ