近鉄四日市駅近くの解体中ビルで火災 隣接ビルに延焼

2020年10月15日 11時31分 (10月15日 15時20分更新)
激しく炎を上げる解体中の新四日市ビル=15日午前10時15分、三重県四日市市浜田町5で(読者提供)

激しく炎を上げる解体中の新四日市ビル=15日午前10時15分、三重県四日市市浜田町5で(読者提供)

  • 激しく炎を上げる解体中の新四日市ビル=15日午前10時15分、三重県四日市市浜田町5で(読者提供)
 15日午前9時55分ごろ、三重県四日市市浜田町5の新四日市ビルから出火しているのをパトロール中の警察官が発見した。隣接のビルに延焼するなどし、1時間45分後に鎮火した。四日市南署などによると、建物は解体工事中で、付近を歩いていた50代の女性が足に軽いけがをした可能性がある。
 建物を所有するホテルチェーン運営会社グリーンズ(同市)によると、ビルは8階建てで新四日市ホテルと同社の本社オフィスが入っていた。昨年末に閉館し、建て替えのための工事に入っていた。現場は近鉄四日市駅の南東約100メートル。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧