洋裁学び「商品」作り挑戦 半田の桐華家政専門学校、31日学園祭で販売

2020年10月15日 05時00分 (10月15日 12時01分更新) 会員限定
生徒たちが商品化を手がけるミニトート(手前三つ)と、すでに商品化が決まっているバッグ=半田市天王町で

生徒たちが商品化を手がけるミニトート(手前三つ)と、すでに商品化が決まっているバッグ=半田市天王町で

  • 生徒たちが商品化を手がけるミニトート(手前三つ)と、すでに商品化が決まっているバッグ=半田市天王町で
  • 商品の企画製作の一環で、生地に裁ちばさみを入れる生徒=桐華家政専門学校で
 桐華家政専門学校(半田市天王町)で洋裁を学ぶ生徒たちが、三十一日の学園祭で販売する商品の企画製作に挑んでいる。これまでも生徒作品を売ることはあったが、この四月からアパレル関係者を外部講師に迎えたのを契機として、作品ではなく「商品」として販売できるアイテムの開発に挑戦。すでに三アイテムの形状や価格が決まり、現在は残る三アイテムの詳細を詰めている。 (高田みのり)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧