玉川高いじめ、証拠保全「情報格差縮める」 専門家が指摘

2020年10月15日 05時00分 (10月15日 10時41分更新) 会員限定

 県立玉川高校のいじめを巡る訴訟では、提訴前の今夏に大津地裁が、元生徒側の証拠保全の申し立てを認める決定を出し、関係資料などの提出を命じていた。専門家は「学校側と被害者側の情報格差を縮める役割がある」と指摘している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧