「職員を大量に…」新城市に脅迫メール カモシカ殺処分に抗議?

2020年10月15日 05時00分 (10月15日 12時38分更新) 会員限定
 愛知県と同県新城市に「カモシカの殺処分に抗議し、職員を大量に殺処分する」という内容の脅迫メールが届いていたことが分かった。新城市は五日、市内の男性(70)を襲って死亡させたニホンカモシカを殺処分しており、県警新城署は何者かが処分に抗議してメールを送った可能性があるとみて、脅迫や威力業務妨害の疑いで捜査している。
 市と県などによると、いずれも九日に、脅迫メールが届いているのを職員が発見。十二日午前に新城市役所、同日午後に県庁へ、弓矢を持って来庁する旨が書かれていた。十二日は、警察官が巡回したが異変はなかった。
 カモシカは国の特別天然記念物に指定されており、狩猟は原則禁止され、捕獲には知事の許可が必要。死亡した男性はワナにかかったカモシカを放そうと試みて角に突き刺されたとみられ、市は県知事の許可を得てカモシカを殺処分。殺処分を公表以降、新城市には抗議電話などが相次いでいた。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧