本文へ移動

FC東京 11試合ぶり3ゴールで快勝、2位守る 長谷川監督「出足悪かったが勝てたのは大きい」

2020年10月14日 21時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、田川(中央)が先制ゴールを決め笑顔で「ゆりかごダンス」を披露するFC東京イレブン

前半、田川(中央)が先制ゴールを決め笑顔で「ゆりかごダンス」を披露するFC東京イレブン

◇14日 FC東京3ー1清水(味の素スタジアム)
 FC東京はホームで清水を破り、勝ち点47として2位を守った。
 前半22分にFW田川亨介(21)のゴールで先制し、後半10分にはFW永井謙佑(31)が追加点。試合終了間際には途中出場のMFアダイウトン(29)がダメ押し弾を決め、リーグ戦11試合ぶりの3得点で快勝した。
 長谷川健太監督(55)は「今日はあまりよくなかった。前半、なんかスイッチが入ってないというか出足が悪く、1―0で勝っていても負けているような内容」と首をひねりながらも、「いい内容ではなかったが、こういう試合で勝てたのは大きい」と評価した。
 首位を走る川崎との勝ち点差は15。J1の終盤戦を盛り上げるためにも、残り9試合も勝ち続ける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ