本文へ移動

パーキンソン病に特化 愛知医大病院が治療センター

2020年10月15日 05時00分 (10月15日 05時00分更新)
新たに設置された「パーキンソン病総合治療センター」と、センター長を務める斎木教授=長久手市の愛知医科大病院で

新たに設置された「パーキンソン病総合治療センター」と、センター長を務める斎木教授=長久手市の愛知医科大病院で

 愛知医科大病院(長久手市)が、厚生労働省指定の難病・パーキンソン病の治療に特化した「パーキンソン病総合治療センター」を設置し、今春から診療を開始した。パーキンソン病の診療を三十年近く続け、脳の手術を二百件以上手掛けた実績がある斎木英資(ひでもと)教授が今夏、センター長に就任した。 (白名正和)
 パーキンソン病は脳内の情報伝達物質が不足して発症するとされ、動作の鈍さや歩きにくさが生じる。根本的な治療法、発症を遅らせる治療法は見つかっておらず、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧