本文へ移動

日本ハム・中田 今季95打点目の適時打&激走ヘッドで二塁から生還「2アウトから追加点、よかった」

2020年10月14日 20時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・中田

日本ハム・中田

◇14日 日本ハム―西武(札幌ドーム)
 日本ハム・中田翔内野手(31)の「翔タイム」に札幌ドームがわいた。
 4回2死二塁で右中間へ今季95打点目の適時二塁打。続く近藤への1球目が暴投になると、二塁から一気に本塁へ突っ込んでヘッドスライディングで4点目をもぎ取った。
 「しっかりと振り切ることができ、2アウトから追加点を取れてよかった」と快打を振り返った中田。二塁からの激走には「走塁でも1点取ることができてよかった」と納得の表情をみせた。
 チームは13日に0―7の大敗。中田は1安打、打点なしと本領を発揮することができなかった。チームも5位と低迷。しかし、ファンにこれ以上、ふがいない姿を見せるわけにはいかない。
 中田は6回1死満塁から、冷静に押し出しの四球を選んで、打点を96まで伸ばした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ