本文へ移動

【福井】感染防止対策に助成金 県、コールセンターで受け付け開始

2020年10月14日 05時00分 (10月14日 05時00分更新)
コールセンターで助成金の電話相談を受け付けるスタッフら=福井市内で

コールセンターで助成金の電話相談を受け付けるスタッフら=福井市内で

 県は十三日、店やオフィスで新型コロナウイルス感染防止の仕切りや消毒液などを設置した場合に、経費の五分の四を上限十万円まで支援する感染拡大防止対策助成金の申請受け付けを開始した。申請には書類の提出が必要で、申請者の相談に乗るコールセンター=0776(22)3615=も開設した。十二月十五日まで申請できる。 (今井智文)
 七月三十日に県が新型コロナの感染者増加で「感染拡大注意報」を発令して以降に購入などをした感染対策物品で、五万円以上の対策をした店やオフィスが対象となる。座席間の仕切りや、換気扇、網戸、マスクやフェースシールド、体温計、消毒液などの設置や購入を幅広く支援する。
 店やオフィスなどでガイドラインに沿った感染防止対策をして、県の「感染防止徹底宣言」ステッカーを掲示していることなどが支援の条件。企業の規模は問わず、個人事業主やフリーランス、公益法人や協同組合、任意団体、宗教法人なども支援の対象になる。
 感染第二波でクラスターが発生したカラオケ喫茶などは、歌う場所と客席の間にビニールカーテンなどを設置するよう県が要請しており、これらの対策にはさらに五万円まで助成する。
 福井市内に開...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧