本文へ移動

マダイ、端境期 越冬物→乗っ込みへ

2020年3月3日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
45センチのマダイを手に笑みがこぼれる大森さん

45センチのマダイを手に笑みがこぼれる大森さん

  • 45センチのマダイを手に笑みがこぼれる大森さん
 静岡・御前崎沖のマダイは、越冬物から乗っ込みを展望する時期に入っている。2月21日、御前崎港から乗合船で近場の「伝吉山」に出た。この日は一時的な冷え込みで大型マダイの姿こそ見られなかったが、これから乗っ込みの大場所である「オモリ」で乗っ込み物と越冬物が入り交じって楽しめそうな感触を得てきた。 (岡谷鋼機釣りクラブ・向井直)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ