加藤浩次が肺炎の疑いで入院 PCR検査は2度陰性も…期間は1~2週間で生放送番組は当面欠席

2020年10月13日 13時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤浩次

加藤浩次

  • 加藤浩次
 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が肺炎で入院したと13日、加藤の個人事務所「加藤世田谷本店株式会社」が発表した。
 加藤は9日、37・5度の発熱のため、MCを務めている日本テレビ系生番組「スッキリ」(月~金曜午前8時)を欠席。12、13日も同番組を欠席したほか、10日深夜に放送されたMCのTBS系サッカー情報番組「スーパーサッカー」(日曜深夜0時50分)も欠席している。
 事務所によると、加藤は9日、新型コロナウイルスのPCR検査を受けたが10日に陰性と判明したという。しかし、9日夜には熱が39度台まで達したことから12日に病院で診断と再度PCR検査を受けた。PCR検査の結果は陰性だったが、肺炎の疑いがあり入院。現在は微熱、関節炎、食欲不振、倦怠(けんたい)感などの症状が出ており、入院期間は1~2週間ほどになるという。
 事務所は「入院に伴い、生放送のレギュラー番組は当面欠席。そのほかの仕事は現在調整中です。関係各所の皆さまには多大なるご迷惑をおかけすることを心よりおわび申し上げます」と説明した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ