緻密な折り紙“名画”に 刈谷東高生、ゴッホや北斎題材に作品展

2020年10月13日 05時00分 (10月13日 14時31分更新) 会員限定
「糸杉と星の見える道」(手前左)など、ゴッホの名画を題材にした折り紙作品を鑑賞する来場者たち=刈谷市総合文化センターで

「糸杉と星の見える道」(手前左)など、ゴッホの名画を題材にした折り紙作品を鑑賞する来場者たち=刈谷市総合文化センターで

  • 「糸杉と星の見える道」(手前左)など、ゴッホの名画を題材にした折り紙作品を鑑賞する来場者たち=刈谷市総合文化センターで
  • 3層構成で立体的に表現した北斎の「富士越龍」=刈谷市総合文化センターで
 刈谷市の刈谷東高校昼間定時制の折り紙部による恒例の作品展が、市総合文化センターで開かれている。ゴッホと、ゴッホに大きな影響を与えた江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の名画を折り紙で緻密に表現している。十五日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧