本文へ移動

平塚為広の肖像画、垂井へ 長浜の自治会寄贈

2020年10月13日 05時00分 (10月13日 12時12分更新)
金森自治会長(右)から軸箱を受け取る和田教育長。後ろが平塚為広の掛け軸=滋賀県長浜市平塚町で

金森自治会長(右)から軸箱を受け取る和田教育長。後ろが平塚為広の掛け軸=滋賀県長浜市平塚町で

 戦国時代の垂井城主、平塚為広の現存が確認されている唯一の肖像画が10日、垂井町に贈られた。滋賀県長浜市の平塚町自治会が管理していた掛け軸で「為広に縁のある垂井で、活用してほしい」と寄贈されることになった。来年1月にタルイピアセンターで計画されている企画展で披露される予定。(西村理紗)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報