本文へ移動

福井市子ども会写生大会 7部門の入賞35点 表彰 アオッサ

2020年10月13日 05時00分 (10月13日 09時39分更新)
写生大会の表彰式で賞状を受け取る子どもたち=福井市のアオッサで

写生大会の表彰式で賞状を受け取る子どもたち=福井市のアオッサで


 第四十五回福井市子ども会写生大会(福井市子ども会育成連合会主催、日刊県民福井・中日新聞社共催)の表彰式が十一日、福井市のアオッサで開かれた。
 この大会は幼児と小学一〜六年の計七部門に二千七十七点の応募があり、市長賞や市教育委員会賞など五つの賞に計三十五点が入賞した。
 表彰式は、新型コロナウイルス感染対策として、小学二年生以下と小学三年生以上の二回に分けて開催。子どもたちは市子ども会育成連合会の坂田裕幸会長らから賞状を受け取った。
 昨年も受賞し、今年は小学五年の部門で最優秀賞の市長賞に輝いた林依知花さん(円山小)は「昨年は薄い絵になってしまったけど、今年は力強く、濃く描けたので良かった」と満足げに話した。
 入賞作品は十四日午後七時までアオッサの一階に展示される。最終日以外は午前八時半〜午後九時半。 (堂下佳鈴)

関連キーワード

おすすめ情報

ふくい地域ニュースの新着

記事一覧