中部大は2連敗で3年ぶり優勝逃す…堀田監督「甘い部分を鍛え直す」

2020年10月13日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
粘投した中部大の駒田

粘投した中部大の駒田

  • 粘投した中部大の駒田
◇12日 愛知大学野球秋季リーグ戦 中京大4―1中部大(パロマ瑞穂)
 中部大は2連敗で優勝を逃した。
 中京大戦で勝ち点を挙げれば2017年春以来の優勝が決まったが、1敗で迎えたこの日は、先発の駒田が8回まで2失点。9回には味方の失策も絡んで決定的な2点を追加された。
 打線も中京大の先発・三浦の前に散発の2安打。堀田監督は「9回に4年生が1点をもぎとった意地を下の世代も見たはず」と振り返り、「甘い部分を鍛え直して、また優勝を目指したい」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ