ドラフト候補の中京大・山本、2季連続優勝に「今までで一番うれしいかも」ドラフトには「あとは待つだけ」

2020年10月13日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中京大・山本一輝投手

中京大・山本一輝投手

  • 中京大・山本一輝投手
◇12日 愛知大学野球秋季リーグ戦 中京大4―1中部大(パロマ瑞穂)
 中京大が2季連続41度目の優勝を果たした。中部大に連勝して勝ち点を4とし、同じ勝ち点の名城大を勝率で逆転した。
 11日の1回戦で完投した中京大の今秋ドラフト候補左腕・山本一輝投手(4年・東郷)は、ブルペンで優勝の瞬間を迎え、「今までで一番うれしいかも」と笑顔をみせた。
 今季は6勝、防御率0・63とフル回転。リーグ戦中にはプロ志望届を提出していて、「できる限りのアピールはできたと思う。あとは待つだけです」と少し緊張した面持ちで、26日のドラフト会議での指名を願っていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ