本文へ移動

投手福谷に打たれ…巨人が逆転負けで2連敗、マジック『12』で足踏み

2020年10月12日 20時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏の途中、投手交代を告げる原監督

6回裏の途中、投手交代を告げる原監督

◇12日 中日3―2巨人(ナゴヤドーム)
 巨人が逆転負けを喫し、2連敗となった。
 2回に2点を先制したが、その直後に先発の桜井俊貴投手(26)が乱れた。2死からシエラに四球を与えると、阿部に2ランを浴びて同点に。続く木下拓に四球を与えると、ピッチャーの福谷に右中間を破られ、勝ち越し点を献上した。
 打線も好機をつくりながらも中日投手陣を攻めきれなかった。優勝マジックは12のまま足踏みとなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ