果報は寝て待つ!?勝ち点4で日程終了の名城大 最終週の結果次第でV 安江監督「やれることはやった」【愛知大学野球】

2020年10月11日 11時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名城大エース・二宮に吉報は届くか

名城大エース・二宮に吉報は届くか

  • 名城大エース・二宮に吉報は届くか
 愛知大学野球秋季リーグ戦は、11日からの最終週に行われる中京大―中部大の結果で優勝が決まる。勝ち点4で日程を終えた名城大にも優勝の可能性が残る。
 名城大は、中京大が2勝1敗の場合のみ優勝となる。いきなり愛工大に連敗して勝ち点を落としたが、エース右腕・二宮の復調に加え、1年生右腕・松本凌が救援に回り勝ちパターンを確立。その後は4カード連続で勝ち点を獲得した。安江監督は「序盤はどうなるかと思ったが、そこからよく粘って頑張ってくれた。やれることはやったので後は待つだけです」と心境を語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ