「花とジュエリー」装飾品に芸術性 浜松で展覧会

2020年10月11日 05時00分 (10月11日 05時01分更新)
革やハスの実で作ったオブジェについて説明する坂東久美子さん=浜松市東区のギャラリーまるまるわで

革やハスの実で作ったオブジェについて説明する坂東久美子さん=浜松市東区のギャラリーまるまるわで

  • 革やハスの実で作ったオブジェについて説明する坂東久美子さん=浜松市東区のギャラリーまるまるわで
 浜松市東区天王町のギャラリーまるまるわで九日、ドライフラワーや銀細工の展覧会「花とジュエリー」が始まった。十五日まで。
 ケイトウとベルベットで飾られた手鏡や、ハスの実と革のオブジェなど、秋を感じさせる作品が並ぶ。銅の輪に真珠を留め付けたチョーカー、七宝を施した純銀の指輪など芸術性の高いアクセサリーも合わせ、約百点が展示されている。
 花の飾りは愛知県豊橋市のフラワーデザイナー坂東久美子さん(49)、アクセサリーは浜松市中区のジュエリーデザイナー白尾由美さん(54)が作った。坂東さんは「時とともに移り変わる植物の変化を楽しんでほしい」と話した。
 午前十一時〜午後五時。最終日は午後四時。(問)ギャラリーまるまるわ=053(422)1617 (糸井絢子)

関連キーワード

PR情報