日本プロゴルフシニア選手権 「記憶にない」設備トラブルで停電、第3Rが中止に… 11日に最終R

2020年10月10日 18時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
停電状態のクラブハウス内(PGA提供)

停電状態のクラブハウス内(PGA提供)

  • 停電状態のクラブハウス内(PGA提供)
 シニアゴルフのメジャー戦「日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」(茨城県・サミットGC)は10日、第3ラウンドを行う予定だったが、停電による電気設備不能のため中止となった。予定時刻の午前8時開始から2時間遅れでのスタートを目指していたが、復旧の見通しが立たなかった。これにより、競技は54ホールに短縮され、11日に最終ラウンドを行う。
 五十嵐朋廣・日本プロゴルフ協会事業本部長によると「近年のシニアツアーで、停電による中止は記憶にない」そうで、原因は「電気をゴルフ場へ供給する送電設備トラブルによるものです。ゴルフ場内の設備はすべて問題ない」という。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ