本文へ移動

J1名古屋がマテウスの劇的ロスタイム弾で1カ月半ぶり連勝 「オセロ」状態ついに脱却

2020年10月10日 16時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合終了間際、決勝ゴールを決め、中谷(左)と抱き合う名古屋・マテウス

試合終了間際、決勝ゴールを決め、中谷(左)と抱き合う名古屋・マテウス

◇10日 J1第21節 名古屋1―0C大阪(パロマ瑞穂)
 名古屋グランパスはMFマテウス(26)のゴールでC大阪を1―0で下した。今季12勝目(3分6敗)で、勝ち点「39」。9月5日から8試合にわたって黒星と白星を繰り返す「オセロ」状態を脱却し、約1カ月半ぶりの連勝を果たした。
 前半12分、GKランゲラック(32)がFW柿谷との1対1を防いだ。グランパスは後半13分にFWシャビエル(27)、MF阿部浩之(31)を投入して攻勢を強めた。後半ロスタイムにマテウスが左足で決め、長い均衡を破った。
 グランパスは中5日で充実した調整の下で臨んだ。C大阪との上位対決で堅守を打ち破り、大きな勝ち点「3」を積み上げた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ