本文へ移動

<ふるさとのたからもの> (2)いも観音(長浜市木之本町黒田)

2020年10月10日 05時00分 (10月10日 14時06分更新)
風化した本尊の聖観世音菩薩(右)と薬師如来=長浜市木之本町黒田の安念寺観音堂で

風化した本尊の聖観世音菩薩(右)と薬師如来=長浜市木之本町黒田の安念寺観音堂で

  • 風化した本尊の聖観世音菩薩(右)と薬師如来=長浜市木之本町黒田の安念寺観音堂で
  • いも観音を守り、後世に伝えていきたいと意気込む保存会メンバー=長浜市木之本町黒田の安念寺観音堂で

 長浜市木之本町黒田の安念寺観音堂には、平安時代の作といわれる本尊の聖観世音菩薩(ぼさつ)など十体が安置されている。いずれも風化して手足が失われたり、朽ちて顔が確認できなかったりするが、地元では「いも観音」と親しまれ、住民が大切に守り続けている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧