本文へ移動

「堂々と踊りたい」 伊賀「勝手神社の神事踊」11日奉納

2020年10月10日 05時00分 (10月10日 13時04分更新)
神事踊の足ぞろえをする踊り子たち=伊賀市山畑の勝手神社で

神事踊の足ぞろえをする踊り子たち=伊賀市山畑の勝手神社で

  • 神事踊の足ぞろえをする踊り子たち=伊賀市山畑の勝手神社で
  • 「かんこ」をつけて踊る中林さん=伊賀市山畑の勝手神社で
 県を代表する民俗芸能「かんこ踊り」の一つで、国の重要無形民俗文化財に指定されている伊賀市山畑の「勝手神社の神事踊」が十一日、同神社の境内で奉納される。今年は新型コロナウイルスの影響で、「オチズイ」と呼ばれる華やかな飾りはなく、規模も縮小する。だが、伝統を継承するため、七日の足ぞろえでは、本番に向けて踊り子たちの準備に熱が入った。 (新居真由香)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧