本文へ移動

台風14号、県南部で大雨予想 知事、避難所コロナ対策指示

2020年10月10日 05時00分 (10月10日 05時00分更新)
台風14号の大雨の影響で冠水した田んぼや農道=御浜町志原で

台風14号の大雨の影響で冠水した田んぼや農道=御浜町志原で

 強い台風14号の接近に備え、県は九日、緊急部長会議を開いた。鈴木英敬知事は会議後、「ハザードマップで土砂災害や河川氾濫の危険箇所を確認し、警戒レベルに応じて速やかに安全な場所に避難するなど身を守る行動をとってほしい」と県民に呼び掛けた。
 会議で知事は、行政や住民がとるべき行動を時系列でまとめた「タイムライン」に基づき、初動対応に支障が出ないよう先を見越した対応などを幹部職員に指示。新型コロナウイルスの感染が拡大して初の本格的な台風対応となるため「特に避難所での感染症対策について、市町と連携して取り組んで」と述べた。
 津地方気象台によると、台風14号は十日朝から昼ごろに県内に最接近するとみられ、県南部では一時間に七〇ミリ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報