本文へ移動

キンプリ岸優太&神宮寺勇太、〝Wゆうた〟再び降臨 年末年始の帝劇でミュージカル「ドリームボーイズ」

2020年10月10日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
主演作「ドリームボーイズ」の上演が決定し、喜びを語ったKing&Princeの岸優太(右)と、チャンプ役の神宮寺勇太

主演作「ドリームボーイズ」の上演が決定し、喜びを語ったKing&Princeの岸優太(右)と、チャンプ役の神宮寺勇太

 アイドルグループ「King&Prince」の岸優太(25)が主演するミュージカル「ドリームボーイズ」(エターナルプロデューサー・ジャニー喜多川)が今年12月と来年1月に上演されることが決定した。ボクシングを題材にした夢と挫折、友情の物語。昨年同様、チャンプ役に神宮寺勇太(22)を迎え、キンプリの“Wゆうた”が年末と年始の東京・帝国劇場に降臨する。このほど2人が本紙などの取材に応じ、意気込みを語った。
 ここ数年、12月と翌年の1月は帝国劇場で「ジャニーズ・アイランド」が上演されてきた。同舞台はジャニーズ所属タレントが80人以上出演する大所帯となるため、製作の東宝は密になる状況が避けられないと頭を悩ませていた中、9月の上演計画を断念していた「ドリームボーイズ」ならば出演者が30人ほどであり、コロナ対策を踏まえた演出に変更すれば上演ができると判断した。
 2週間ほど前に上演決定を聞いた岸は「久しぶりにお客さんと会ってパフォーマンスできることは、この世界に生きていく上で本望と言いますか、あらためてありがたさや感謝を感じます」としみじみ。神宮寺も「ものすごく楽しみになった。ジャニーさんがたくさん情熱や愛をささげてきてくれた作品なので、昨年同様、お客さんに何を伝えるかを考え直して、刺激になるものを持ち帰っていただければと思います」と喜びを語った。
 昨年は1カ月公演だったが、今回は年をまたいでの長期戦となる。ともにボクサー役のため、昨年同様の肉体をつくり上げることが急務となった。
 神宮寺は「僕まだガリガリなので、今年はスパンを短くして2日に1回くらいに(トレーニングを)しないとまずいなと。本当にやばいんですよ」と危機感をあらわに。岸も「『バチバチに仕上げていきます』と宣言しちゃいますか、ここで。身体も追い込んでいきたい」とし、キンプリの配信ライブ(9~11日)の終了後から一緒にジム通いをすると約束した。
 体づくりとともに、もうひとつ準備しなければならないことがあるという。新年の仕事に携わる先輩は、たとえ大人であっても後輩にお年玉をあげるのがジャニーズ事務所の伝統。今回、2人は共演する「美 少年」「7 MEN 侍」らを含むジャニーズJr.20人以上に大盤振る舞いしなければならない。神宮寺が「そこの経費も計算していかないと…」と苦笑すると、岸も「まじ怖いっす」と表情をこわばらせていた。
 共演はほかに紫吹淳(51)、鳳蘭(74)=12月のみ、樹里咲穂(48)=1月のみ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ