本文へ移動

織田さん監督辞任問題で関大学長がコメント 「適切に収拾できず深く反省」との見解を表明

2019年10月4日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 フィギュアスケート男子で2010年バンクーバー冬季五輪7位の織田信成さん(32)が関大アイススケート部監督を辞任した理由をリンク内でのモラハラ行為などで体調を崩したためと主張していること件について、関大は4日、芝井敬司学長のコメントを大学公式サイトに掲載した。
 「織田信成さんに関する一連の報道について」という題の文面の中で、芝井学長は「一連の出来事について、私たち関西大学は慎重に対応してきたつもりですが、結果として織田信成さんの心情を十分に斟酌できず、事態を適切に収拾できなかったことを深く反省しています」との見解を表明。今後については「誠意をもって対話を続けたいと思います」との方針を示した。
 さらに「アイスアリーナに集う多くの関係者の皆さまに不快な思いをさせ、ご心配とご迷惑をおかけしたことにたいし深くお詫びいたします」と謝罪。「練習環境の維持・向上に最大限努めます」とした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ