東海市の富木島中で新聞切り抜き作品講座

2020年10月9日 17時39分 (10月9日 19時30分更新)

新聞記事を読んで考えた見出しを発表する生徒ら=愛知県東海市富木島中で

 愛知県東海市富木島中学校で八日、新聞の切り抜き作品の作り方などを学ぶNIE講座があった。三年生二百五人が受講し、中日新聞のNIE事務局の岩井伸江さんが講師を務めた。
 岩井さんは、他の中学生の切り抜き作品を見せながら、(1)テーマを決めて記事を二十くらい集める(2)分類する(3)レイアウトを考える(4)見出しを付ける(5)コメントを書く(6)まとめを書くと、作品作りのこつを説明した。
 生徒たちは実際の新聞記事を読んで、見出しを考える作業もした。講座を参考に今後、切り抜き作品を作る。植村悠矢さん(14)は「読者をひきつける見出しを考えていきたい」、安藤寛人さん(14)は「いろいろなことに関心を持って新聞を読んでいきたい」と笑顔を見せた。
(10月9日付 中日新聞朝刊知多版より)

関連キーワード

PR情報