本文へ移動

横井ゆは菜「また表彰台に乗りたい」 3位に入ったフィンランディア杯から帰国

2019年10月15日 10時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本に帰国してフィンランディア杯の演技を振り返る横井ゆは菜

日本に帰国してフィンランディア杯の演技を振り返る横井ゆは菜

 フィギュアスケートのフィンランディア杯(11日~13日、フィンランド・エスポー)で3位となった女子の横井ゆは菜(19)=中京大=が15日、中部国際空港着の航空機で帰国した。
 今回の大会はシニア選手として初めて出場した国際大会だったが、ショートプログラム(SP)65・09点、フリー126・81点の合計191・90点でまとめた。この結果について横井は「ミスはあったけど、その中でも高い点数をいただけたと思います。自信にしていいところが分かったし、また表彰台に乗りたいと思うようになりました」と振り返った。
 ただ、目標にしていた200点には届かず、合計234・84点で1位のアリョーナ・コストルナヤ、合計212・53点で2位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ともにロシア)に得点で離されたことには反省の表情。「フリーのスピンは(最高難度の)レベル4をいただけましたけど、次はジャンプの加点を取れるようにしなければ」と気を引き締めていた。次戦は西日本選手権(11月1~4日、滋賀県立アイスアリーナ)の予定だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ