本文へ移動

ネーサン・チェン スケートアメリカSP首位発進 日本勢は友野一希が8位、島田高志郎は11位

2019年10月19日 10時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネーサン・チェン(AP)

ネーサン・チェン(AP)

◇18日 フィギュアスケート・グランプリシリーズ スケートアメリカ(米国・ラスベガス)

 世界選手権2連覇のネーサン・チェン(米国)が男子ショートプログラム(SP)で102・71点をマーク。2位のドミトリー・アリエフ(ロシア)に6・14点差をつけてグランプリ(GP)シリーズ第1戦の首位に立った。
 チェンは冒頭の4回転ルッツの着氷が少し乱れたものの、2本目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と3本目の連続ジャンプの4回転トーループ―3回転トーループは出来栄え点(GOE)で加点のつくジャンプにまとめた。演技点も46・50点をマーク。SPとフリーで争う国際大会には今季初出場だったが、12選手中唯一の100点越えに加えて、SPでは今季トップとなる得点を確認すると、ホッとしたような笑みをみせた。
 日本勢は友野一希(21)=同大=が75・01点で8位、GPシリーズ初出場の島田高志郎(18)=木下グループ=は72・12点で11位となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ