過酷な冷凍倉庫でクールに作業 豊田織機、無人フォークリフト実証実験 

2020年10月9日 05時00分 (10月9日 05時02分更新) 会員限定
豊田自動織機とニチレイロジグループが冷凍倉庫内で始めた自動運転フォークリフトの実証実験の様子=東京都港区で

豊田自動織機とニチレイロジグループが冷凍倉庫内で始めた自動運転フォークリフトの実証実験の様子=東京都港区で

  • 豊田自動織機とニチレイロジグループが冷凍倉庫内で始めた自動運転フォークリフトの実証実験の様子=東京都港区で
 フォークリフト世界最大手の豊田自動織機は八日、食品大手ニチレイの物流子会社ニチレイロジグループ(東京)と共同で、零下二五度の冷凍倉庫内でも作業できるフォークリフトの自動運転の実証実験を始めたと発表した。過酷な環境下での作業を無人にすることで、人手不足問題の解消に貢献し、物流の効率化を目指す。 (安藤孝憲)
 実証実験は、東京都港区にあるニチレイの物流センターで来年九月まで実施。豊田自動織機は、既存の自動運転の機種「Rinova(リノバ)」のセンサー周辺に小型ヒーターを設置するなどの改良を加え、有効性を確認する。冷凍の部屋と、二度前後の冷蔵の部屋が混在する環境で、最大三〇度ほどの急激な温度変化にも耐用可能か検証する。
 同社によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報