本文へ移動

交通事故に見舞われた本田真凜はSP10位 “規定満たさず”2回転フリップは0点に

2019年10月26日 19時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
SP10位だった本田真凜(AP)

SP10位だった本田真凜(AP)

◇25日 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦「スケートカナダ」(ケロウナ)

 女子ショートプログラム(SP)で22日に交通事故に遭った本田真凜(JAL)は59・20点で10位だった。本田は冒頭の3回転ループー3回転トーループの連続ジャンプで後半のトーループが回転不足と判定されると、続く3回転フリップは2回転に。これは規定に満たさず得点がゼロになった。
 今年8月に18歳になった本田は今回でGPシリーズ5試合目。過去最高は2017年のスケートカナダ、中国杯の5位で、昨年は8位(スケートアメリカ)、6位(フランス杯)と苦しんでいる。今年もアクシデントもあって出遅れたが、何とかフリーで巻き返したい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ