本文へ移動

台風14号、東紀州も警戒 御浜の公民館、土のう設置

2020年10月9日 05時00分 (10月9日 05時01分更新)
台風14号の影響で防波堤に押し寄せる高波=紀宝町の鵜殿港で

台風14号の影響で防波堤に押し寄せる高波=紀宝町の鵜殿港で

  • 台風14号の影響で防波堤に押し寄せる高波=紀宝町の鵜殿港で
  • 9月下旬の大雨で水が入り込んだ公民館入り口に土のうを置く町職員=御浜町中央公民館で
 強い台風14号は十日にも紀伊半島に接近する可能性がある。東紀州では雨が降り続いており、住民らは対策を始めた。消防も「今のうちに食料品を準備し、窓ガラスにテープを貼るなど備えを徹底してほしい」と呼び掛けている。
 「今回は被害を防がないと」。御浜町中央公民館の職員たちは表情を引き締める。九月二十五日の大雨で、一階の廊下やホールが水に漬かった。八日は台風への対策として扉の前に土のうを設置。強風で割れないよう窓ガラスに養生テープを貼る作業も進めていた。
 同町阿田和の主婦(49)も自宅で「今回は台風が近くを通りそう」と危機感を募らせる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報