本文へ移動

気候危機対策、世界の若者訴え 高志高・森さんもSNS発信

2020年10月9日 05時00分 (10月9日 05時00分更新)
「多くの人に環境問題に関心を持ってほしい」と話す森さん=福井市内で

「多くの人に環境問題に関心を持ってほしい」と話す森さん=福井市内で

 若者が気候変動対策を政府などに求める「世界気候アクション」が世界で一斉に実行された九月二十五日、会員制交流サイト(SNS)でメッセージを発信した高校生が県内にもいる。高志高二年の森千紘(ちひろ)さん(16)。県内ではまだアクションは浸透していないが、森さんは「多くの人に環境問題への関心を持ってもらい、福井でも大きな活動が起こってほしい」と願っている。 (籔下千晶)
 世界気候アクションを呼びかけたのは、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんに賛同して世界各国に広がったネットワーク「Fridays For Future Japan(FFFJ)」の若者たち。国内でFFFJは金沢や名古屋などに二十六支部ある。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報