ユーチューバーのFumiyaさんが浜松・有玉小を訪問

2020年10月9日 05時00分 (10月9日 05時03分更新)
児童からの質問に答えるFumiyaさん(右)=浜松市東区の有玉小で

児童からの質問に答えるFumiyaさん(右)=浜松市東区の有玉小で

  • 児童からの質問に答えるFumiyaさん(右)=浜松市東区の有玉小で
 浜松市出身でユーチューバーや俳優、歌手として活躍するFumiya(本名・三海郁弥)さん(25)が8日、同市東区の有玉小学校でユーチューバーとして働くことについて語った。いまや子どもが将来就きたい職業ランキング上位の職業でプロとして活動するFumiyaさんに児童は興味津々で、次々に質問が上がった。 (篠塚辰徳)
 Fumiyaさんが拠点とするフィリピンのマニラで人気を得たユーチューブ動画や出演ドラマの映像を見せると、体育館に集まった6年生96人は一斉に挙手。「1日の仕事時間は」「動画の編集時間はどれくらい」「ユーチューバーになったときの周りの反応は」「動画の再生回数でいくらくらい稼げるのか」など具体的な質問を投げ掛けた。
 職業としてのユーチューバーについてFumiyaさんは「かなえたい夢があって、そこに近づくためのツールが自分の場合はユーチューバーだった。単純になりたいからではなく、その先にゴールを持っていたほうがいい」と語った。
 会員制交流サイト(SNS)との付き合い方については「ユーチューブはスマホがあれば誰でも気軽に始められるが、誰に見られているか分からないリスクもある。使い方を間違えると怖い」と諭した。
 牧田美穂さん(12)は「本物のプロのユーチューバーに出会えてうれしかった。夢に向かって突き進む姿がとても勉強になった」と話した。

関連キーワード

PR情報