本文へ移動

武豊騎手が帰国報告「まさか、凱旋門賞を勝負服を着ないで観戦することになるとは…」今週、来週の競馬は自宅観戦

2020年10月8日 22時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
帰国報告をした武豊

帰国報告をした武豊

 凱旋門賞に騎乗するために渡仏していた武豊騎手(51)=栗東・フリー=が8日、自身のオフィシャルサイトで帰国を報告。騎乗予定馬の出走取消で騎乗できなかったことに「まさか、凱旋門賞を勝負服を着ないで観戦することになるとは想像もしていませんでした」と複雑な心境を語った。
 「無事に帰国しました」と切り出した武豊は、無念さをにじませつつ「調教師、オーナーほか、関係者の落胆を思うとボクだけが沈んでいるわけにもいきません。どうしても勝ちたいレースを生観戦できたのも、貴重な経験になりました」と前を向いた。
 新型コロナウイルス対策のため、帰国後2週間は自主隔離となるが「今週、来週の競馬は自宅からの観戦になりますが、これは行くと決めたときから覚悟していたこと。英気を養い、菊花賞の週からは万全の体調で復帰します」と再び日本のファンを湧かせることを誓った。
 武豊は、凱旋門賞でエイダン・オブライエン厩舎(愛国)が管理する昨年の同レース4着馬のジャパン(牡・4歳)に騎乗予定だったが、同厩舎が使用する飼料から禁止薬物が検出されたため、ジャパンを含む4頭が出走を取り消していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ