本文へ移動

力強さと柔らかさ陶に込め 半田、昨年急逝の加藤夫妻遺作展

2020年10月8日 05時00分 (10月8日 13時24分更新)
さめ肌のような焼き上がりが特徴の嘉明さんの作品=半田市立博物館で

さめ肌のような焼き上がりが特徴の嘉明さんの作品=半田市立博物館で

  • さめ肌のような焼き上がりが特徴の嘉明さんの作品=半田市立博物館で
  • 美土里さんの作品はツヤツヤとした仕上がりで、花をモチーフに取り入れたものが目立つ=半田市立博物館で
  • 加藤嘉明さん
  • 加藤美土里さん
 夫婦で陶芸家として活躍し、共に昨年急逝した加藤嘉明さん=享年87、妻美土里さん=同=の遺作展が、半田市桐ケ丘の市立博物館で開かれている。2人展の開催は初めて。夫妻が亡くなってから1年を迎えるタイミングでの開催に、長女の地彩(ちさ)さん(50)は「2人の仕事を感じ取ってもらえたら」と願う。(高田みのり)
 表面がさめ肌のようにざらざらした大皿は、嘉明さんの作品。知多半島の材料で作ったオリジナルの...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報