本文へ移動

修学旅行で姉妹都市交流 大口中生、松江市へ

2020年10月8日 05時00分 (10月8日 13時17分更新)
植樹するサクラを3人の生徒に託す鈴木町長(右端)=大口町役場で

植樹するサクラを3人の生徒に託す鈴木町長(右端)=大口町役場で

 大口町丸の大口中学校の三年生が今月、修学旅行で松江市を訪ねる。例年の行き先は東京方面だが、新型コロナウイルスの感染防止で今年は行き先候補から外し、姉妹都市の松江市を初めて選んだ。町は生徒を親善大使に任命し、町自慢のサクラを現地で植樹する。(三田村泰和)
 日程は十一〜十三日の二泊三日で、参加するのは三年生約二百十人。バスに分乗し、約五百キロの道のりを...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧