日本一へ越えるぞハードル 110メートル障害、小屋さん全国へ気合

2020年10月8日 05時00分 (10月8日 11時31分更新) 会員限定
全国大会に向け最終調整をする小屋さん=高山市日枝中で

全国大会に向け最終調整をする小屋さん=高山市日枝中で

  • 全国大会に向け最終調整をする小屋さん=高山市日枝中で
 高山市日枝中学校三年の小屋翔一朗さん(15)が、十六〜十八日に横浜市で開かれる「JOCジュニアオリンピックカップ 全国中学生陸上競技大会」の男子110メートル障害に出場する。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で主要な大会が中止となり、生徒にとっては唯一の全国大会。小屋さんは「三年間の集大成を見せる」と意気込んでいる。 (加藤佑紀乃)
 小屋さんは八月、岐阜市で開催された県ジュニア陸上競技大会で...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報