本文へ移動

鯖江「越前隊」ほやっ停を拡張へ ネットで整備費募る

2020年10月8日 05時00分 (10月8日 05時00分更新)
ほやっ停の拡張整備を計画する関さん=鯖江市莇生田町で

ほやっ停の拡張整備を計画する関さん=鯖江市莇生田町で

 鯖江市河和田地区の伝統の薬味「山うに」や加工品を製造販売する会社「越前隊」(鯖江市尾花町)が、市内で運営する屋台「ほやっ停」の拡張整備を計画している。山うにを使う新商品のほか、越前漆器、めがね、地場野菜などを販売し、客と地域のつながりの場にしたい考え。12月の開業を目指し、整備費をインターネットのクラウドファンディングサイト「レディーフォー」で23日まで募っている。 (鈴木啓太)
 山うにはユズやトウガラシ、塩などをすって練り上げた薬味。河和田地区で三百年以上の伝統があるとされ、ユズの風味やピリッとした辛さが料理を引き立てる。ほやっ停は二〇一六(平成二十八)年にJR鯖江駅近くでオープンし、一九年七月に現在地の鯖江市莇生田町の県道沿いに移転した。山うにたこ焼き(五百五十円)などを販売する。
 新型コロナウイルスの感染拡大により小中学校が休校になった今春は、子どもたちを元気づけようと、大判焼き「かわだ元気焼」を期間限定で一個五十円(現在は百二十円)で販売した。会員制交流サイト(SNS)で話題になり、来店客が増える中、拡張整備を思い立った。代表の関和宏さん(41)は「新型コロナでめがねや漆器も...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧