本文へ移動

友野一希はSP7位も“納得顔”「自信があるのであとはやるだけ」逆襲のフリーで昨年の再現を

2019年11月15日 23時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア杯SPで演技する友野(AP)

ロシア杯SPで演技する友野(AP)

◇15日 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯(モスクワ)

 ショートプログラム(SP)で7位だった友野一希(同大)は80・98点という結果に「練習してきたことができました」と納得の表情を見せた。もともとSPが苦手でこの日も冒頭の4回転トーループで転倒。しかし、3回転トーループとの連続ジャンプにした4回転サルコーを成功させると、最後のトリプルアクセルで2・29点の出来栄え点を引き出すジャンプを決めた。昨年のロシア杯でマークした82・26点の自己ベストには1・28点及ばなかったが、16日のフリーに向けて「自信があるので、あとはやるだけですね」。昨年のロシア杯は3位だっただけに、再び表彰台に立ちたいところだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ