本文へ移動

GP初参戦の横井ゆは菜はSP10位 冒頭転倒も“悪女”なりきり観客の心つかんだ

2019年11月16日 12時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子SPで演技する横井ゆは菜(AP)

女子SPで演技する横井ゆは菜(AP)

◇15日 フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯(モスクワ)

 GPシリーズ初参戦の横井がSPで大舞台の苦さを味わった。冒頭の3回転フリップで転倒し出来栄え点で2・65点の減点。後半の3回転ルッツー2回転トーループにもミスが出て「こういう場で同世代、下の世代は結果を出してきている。私はそこに到達していない」と振り返った。
 しかし、「黒い十人の女」のメロディーと“悪女”ぶりをみせた演技で名前を印象づけられた様子。SP10位で臨むフリーは1番滑走となり、「落ち着いて演技できたら」と気持ちを切り替えていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ